北川純《冗談アート》ホームページ

北川純《冗談アート》ホームページ イメージ画像

冗談アート宣言:《冗談アート》とは? アートギャラリー:旧作から新作まで公開中 動画ギャラリー:エアーアートなど動きのある作品を中心に動画を公開中 Tシャツギャラリー&ショップ:オリジナルTシャツの紹介。購入も出来ます プロフィール:自己紹介&作品歴 ブログ:
『☆北川純公式サイトメニュー☆』の画像

明けましておめでとうございます。今年の年賀状はこれである。一年の始まりにふさわしい作品となったのではないか。 
『 ブログ   卵の鼓動』の画像

梅風船のアップである。この辺の造形はお堀端で熟練しているので比較的容易である。もっともサイズはかなり小さくなっているが・・。しかし、この時期にこれをやっちゃうと次の桜シーズンのアイデアに困る。風船ばっかじゃ芸がないし・・・何か面白いこと考えよ。 
『ブログ  ハルネ 新春2017  その3』の画像

出来た!正月っぽくっていいんじゃない。街はクリスマスから一変して正月支度。ここ小田原は箱根駅伝が通過する中継所ということでここも当日は人で賑わうらしい。楽しんでもらえばうれしいのだが、くれぐれもはしゃぎすぎて壊さないでほしいものである。 
『ブログ  ハルネ 新春2017  その2』の画像

ハルネ2017年正月のイメージ図である。昨年は「迎春」板がウケたので、今年は「謹賀新年」絵文字でいってみる。周りは浮遊する梅風船 で華やかに。こんな大きい絵文字や円形をまっすぐに貼り付けることは出来るかな? 
『ブログ  ハルネ 新春2017  その1』の画像

ということで苦労して作ったのがこれ!なかなかいい感じに 出来たと思っている。最近はいい素材があるものでライオンボードだったかな、とにかく作業性に優れている。コスプレ衣装を作るときによく使われるものらしく、以前から気にはなっていたが始めて使ってみて感動した。
『ブログ  お堀端酉バルーン2016-2017  その2』の画像

今年のお堀端バルーンアートのイメージはこれである。近年 干支がテーマとなっていることが多い。年をまたぐ展示期間のため(11月下旬から1月下旬)干支が都合がよいのである。逆に言うとクリスマスとか正月とか直球なものはテーマにすると時期的ずれが生じる。季節感を
『ブログ  お堀端酉バルーン2016-2017  その1』の画像

前述 紹介したメイン作品を“昼のいちょう”と題して、その対になる作品を小部屋に作った。題して“夜の蝶”。小規模のいちょうドームを作る。その中に蛍光塗料で染めたいちょうの葉を放ち、ブラックライトで照らす。輝きながら舞う葉はあたかも夜に光る蝶のように見えるの
『ブログ  いちょうドーム  その7』の画像

↑このページのトップヘ