s-IMG_20161011_0001
今年のお堀端バルーンアートのイメージはこれである。
近年 干支がテーマとなっていることが多い。
年をまたぐ展示期間のため(11月下旬から1月下旬)干支が都合がよいのである。
逆に言うとクリスマスとか正月とか直球なものはテーマにすると時期的ずれが生じる。

季節感を補うために今回はメリークリスマスとかハッピーニューイヤーの文字を入れ替えで展示することにした。

その後、クライアントから「小田原城感を出してほしい」という要望があった。
なんでも今年小田原城がリニューアルしたらしい。

ということで一羽、小田原城の天守閣を頭にかぶったニワトリを制作してみた。
面白いけど作るの難しそう!